血糖値とコーヒーの関係

血糖値が上がると起こる事

血糖値上昇のリスクとは

血糖値が上昇すると、人間の体には良くないことが起こると言われています。しかし、実際に血糖値が上がると一体何が起こるのでしょうか?その恐ろしいリスクについて、具体的にご紹介していきましょう。

そもそも血糖値は、血液中に含まれているブドウ糖の濃度を数値化したものです。この血糖値が上昇していくと、人間の体には異変が起こるとされています。多少の上昇では自覚症状までは起こりませんが、あまりに上昇すると「異常なノドの渇き」「頻尿」「疲労感」などを感じるようになります。さらに進行すると、「吐き気・嘔吐」「意識の混濁」「昏睡状態」などの症状が現れます。

しかし、血糖値の上昇にまつわるリスクは、これだけではありません。血糖値の上昇を防ぐ方法とは何でしょうか。

血糖値が上昇すると、さまざまな臓器に影響が出てきます。神経障害や網膜症、腎不全、さらには脳卒中や動脈硬化で倒れてしまう人もいます。

さらに、血糖値が上昇し続けると、糖尿病になる可能性もあります。糖尿病はさまざまな合併症を引き起こす可能性が高いですし、完全に治癒することはないという病でもあります。食糧療法や薬物療法を行わなくていけません。糖尿病もあまりに悪くなると、血液中の糖分が毛細血管に詰まってしまい、つま先などが壊死して切断せざるを得なくなってしまいます。最悪の場合、失明する可能性もあります。

血糖値が高い状態が続いていくと、少しずつ体調が悪くなります。この状況を放置していると、合併症が引き起こされます。命を落とす危険性すらありますので、血糖値は自身で管理する必要があります。糖尿病は生活習慣が大きく関係しているため、家族に糖尿病の患者がいる人はこまめに血糖値をチェックして発症を防ぎましょう。